研究活動

  • 月別妊娠成立報告
  • 学会・論文発表
  • 研究活動
  • ブログ
日本産科婦人科学会PGT-A多施設共同臨床研究への参加が承認されました
この度当院は、日本産科婦人科学会より、R1年12月26日付けにてPGT-A多施設共同臨床研究への参加が承認されました。

着床前診断とは
PGT-SR、PGT-M、PGT-Aと分類されています。
その中で、今回実施される臨床研究はPGT-A(着床前染色体異数性診断)です。
PGT-Aとは受精卵の染色体の数の異常がないかをみる検査です。
受精卵を培養し始めてから5日目または6日目になると図のような胚盤胞と呼ばれる段階まで育ってきます。
この胚盤胞の外側の細胞の一部をとって検査します。





適応基準
反復不成功:直近の胚移植で2回以上連続して臨床妊娠が成立していない
習慣流産(反復流産)直近の妊娠で臨床的流産を2回以上反復し、流産時の臨床情報が得られている
染色体構造異常:夫婦いずれかが染色体構造異常を持つ

※適応基準の詳細・費用については説明が必要ですのでご来院ください

着床前診断をご希望の方はお問合せください。

研究活動について
当院では、治療成績の向上や不妊治療・生殖医療の発展を目的として、データの収集・研究に取り組んでおります。

具体的な研究としては、NGS(next generation sequencer;次世代シークエンサー)による染色体数についての解析です。藤田保健衛生大学総合医科学研究所 分子遺伝学研究部門教授 倉橋浩樹先生に遺伝子解析を委託し、研究を行っております。

染色体数の解析は、ロバートソン転座などの患者様を対象としたPGD診断と、全染色体の数的異常を検出し、着床しやすい胚を選択するPGS(着床前遺伝子スクリーニング)と大別されます。PGDに関しては、ブログをご参照ください。

PGS、いわゆる着床前診断とは受精卵の段階で、染色体数的異常の診断を目的とする検査です。近年のPGSの検査方法は、従来行われていたアレイCGHに代わり、胚盤胞期胚の細胞の一部から抽出したDNAを全ゲノム増幅し、NGSを用いて解析する方法が主流となりつつあります。

受精卵の染色体異常は流産の大きな原因となります。この検査を行うことにより流産の原因になる受精卵の染色体異常(染色体の過不足)を検出します。この染色体異常は相互転座など患者さま自身がもともと持っている染色体異常が原因の場合もありますが、偶発的に起こる染色体の過不足(異数性異常)も多く、年齢が上がればその頻度も増えていきます。

PGSを行い正常と判定された受精卵を移植することにより、流産の確率を下げることが期待でき、つらい流産を繰り返された患者さまにとって身体的、精神的負担の軽減につながることが考えられます。

着床前診断の実施には、各国それぞれの社会情勢、それぞれの国の倫理観があるため、対応には慎重にならざるを得ず、それはわが国も同様です。海外ではすでにNGSを用いたPGS が主流となりつつありますが、日本では現在、安全性や有効性、倫理的な観点から、着床前診断の実施について、まだ臨床応用が認められていません。

我々は、研究を通して臨床的背景との関係性を明らかにし、基礎的なデータを集めることで患者さまの妊娠・出産に大きく貢献できるよう励んでいます。

ページTOPへ

  • HOME
  • 診療時間
  • クリニックの特徴
  • 院長プロフィール
  • 不妊治療内容
  • 研究ラボ
  • Q&A
  • 患者様の声
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • リンク集
  • お問い合わせ