PGT-Aについて

PGT-Aについて

PGT-Aは、体外受精により得られた受精卵を子宮に戻す前に行う検査で、受精卵の染色体に数的異常がないかどうか確認してから胚移植をすることが可能です。数的異常がない受精卵を移植することにより、流産を減らし、妊娠率や出生率が高くなることが期待できます。
当院は2019年12月26日付で日本産科婦人科学会よりPGT-A(着床前胚染色体異数性検査)認可施設として承認され、これまで多くの患者様に検査を実施してきました。

  • 反復体外受精不成功:過去の胚移植で2回以上臨床妊娠が成立していない方
  • 習慣流産(反復流産):過去に2回以上の臨床的流産がある方
  • 均衡型染色体構造異常:ご夫婦いずれかに生殖に影響する染色体構造異常をもつ方

上記に適応する患者様が対象です。

適応基準の詳細・費用等についてはご来院の上、個別にご説明のお時間を設けさせていただきます。 患者様の妊娠率の向上や流産率の低下を目指し、スタッフ一同精一杯お手伝いさせていただきたいと思います。
PGT-Aをご希望される患者様は当院までご相談ください。
なお、PGT-Aは現在のところ保険適用となっていませんので、PGT-Aを実施する場合は、採卵から移植まで自費診療となります。

一覧へ戻る