学会・論文発表一覧

  • 月別妊娠成立報告
  • 学会・論文発表
  • 研究活動
  • ブログ

    2022年

  • The effect of early irregular cell division of human embryos on blastocyst euploidy: Considerations from the subsequent development of the blastomeres by direct or reverse cleavage (2022年11月 F&S Science)

    Shinichi Watanabe, Kaori Yoshikai, Yukino Matsuda, Shunsuke Miyai,

    Yuki Sawada, Hiroki Kurahashi, Tomio Sawada

     

    https://www.fertstertscience.org/article/S2666-335X(22)00075-1/fulltext

     

    Abstract

    Objective: To investigate whether blastocysts that divide irregularly reduce subsequent blastocyst euploidy.

    Design: Retrospective study.

    Setting: Private clinic.

    Patient(s): 122 blastocysts for which consent for disposal and research use were obtained.

    Intervention(s): None.

    Main Outcome Measure(s): Results of NGS analysis of the blastocysts and whether blastomeres by normal or irregular divisions subsequently participated in blastocyst formation or not.

    Results: The embryos were classified according to their dynamics until the second cleavage. The blastocyst euploidy was 33.3% (19/57) in the normal cleavage (NC) group, 38.3% (18/47) in the direct cleavage (embryos with one cell dividing into three cells) (DC) group, and 72.2% (13/18) in the reverse cleavage (embryos with fused cells once divided) (RC) group. The rate of the RC group was significantly higher than that of the NC (P<0.05).

    The blastocyst participation rate of the blastomeres were 95.6% in the NC group and 56.5% in that derived from DC of the first cleavage, and 91.7% in that of blastomeres derived from normal division of the second cleavage and 53.6% in that derived from DC of the second cleavage, both of which were significantly lower in the latter (P<0.01), and in the RC group, the rates of fused and non-fused blastomeres were 62.1% and 87.5%, respectively, with no significant difference.

    Conclusion: The blastomeres generated by DC were often excluded from blastocyst formation, and we speculate that this is one reason why their division does not reduce blastocyst euploidy. The association between RC and euploidy of blastocysts merits further study.

    閉じる

  • Direct cleavageの分類: 短時間の2細胞期を経たDirect cleavage胚では1個の割球が胚盤胞発生能を保っている(第67回日本生殖医学会)

    渡辺真一 松田有希野 冨田麻莉 鈴木篤智 吉貝香里 中野英子 澤田富夫

    【目的】

    Direct cleavage(1細胞が3細胞以上に分割する現象、以下DC)を呈した胚は染色体分配異常により発生能が低下するが、そのような胚でも胚盤胞に発育し、健児が得られる可能性があることも知られている。その理由の一つとして、DCには2細胞期を短時間経た後の3分割(以上)と、2細胞期を経ない直接的な3分割(以上)があり、前者では妊孕性が保たれている可能性が報告されている。今回、第一分割DCを詳細に分類し、分割様式の違いによる胚発生能の差異を検討した。

    【対象と方法】

    2020年1-4月にEmbryoScope(Vitrolife)を用いて胚盤胞培養され、第一分割で3細胞以上に分割した胚のうち、2細胞となってから早期(5時間以内)に片方の割球が2個以上に分割した胚(A群:44個)と、2細胞期を経ず3細胞以上に分割した胚(B群:23個)について、それぞれの割球がその後胚盤胞を形成したか否かを記録した。

    【結果】

    割球の胚盤胞形成率は、A群の早期分割割球21.4%、非早期分割割球59.3%で後者が有意に高かった(P<0.01)。B群は3.6%で、A群の2種の割球のいずれと比較しても有意に低かった(P<0.01)。

    なお、A、B群の良好胚盤胞(4BC以上)発生率は43.2%(19/44)、4.3%(1/23)でA群が有意に高く(P<0.01)、単一胚移植での生産率は33.3%(1/3)、0%(0/1)であった。

    【結論】

    2細胞期を短時間経た後に3分割以上となった胚では、早期分割しなかった割球が胚盤胞発生能を保持しており、染色体正常である可能性が示唆された。同様の胚で早期分割した割球、および2細胞期を経ず直接3分割以上となった割球は多くが胚盤胞を形成せず、染色体分配異常が示唆された。これらの分割は全てDCと評価されることが多いが、分類すべきと考えられた。 閉じる

  • 凍結胚盤胞の融解直後及び移植時の形態と移植成績との関連(第40回日本受精着床学会)

    冨田 麻莉 , 渡辺 真一 , 鈴木 篤智 , 松田 有希野 , 吉貝 香里 , 中野 英子 ,

    澤田 富夫

    【目的】

    凍結融解胚盤胞移植を行う際、胚融解後の拡張状態が良好な場合は移植成績も良好であるとの報告は多いが、融解直後と融解数時間後の形態とを関連付けた報告や融解数時間後の胚観察の必要性について論じた報告は少ない。

    今回、単一胚盤胞移植を行った胚の融解直後及び移植時の形態が妊娠率と流産率に関連するかを調査し、また、融解胚盤胞の観察の必要性について検討を行った。

     

    【対象と方法】

    2019年9月-2021年12月に単一胚盤胞移植を行った248個の胚盤胞を対象として、融解直後と移植時(融解2-4時間後)に胚盤胞の拡張状態を観察記録した。

    融解直後の胚形態によって拡張群(囲卵腔が観察されなかった胚)、収縮群(囲卵腔が観察された胚)の2群に分類した。融解直後に外周1/3-1/2のレーザーAHAを行った。

    移植時の胚形態は脱出中(完全脱出を含む)、拡張、収縮の3類に分類し、それぞれについて移植成績の比較検討を行った。

     

    【結果】

    対象胚は融解直後の形態によって、拡張群161個、収縮群87個に分類された。各群の妊娠率及び流産率は、拡張群37.9%(61/161), 21.3%(13/61)、収縮群29.9%(26/87), 23.1%(6/26)であり、いずれも有意差は認められなかった。

    移植時の形態ごとの妊娠率及び流産率は、拡張群では脱出中38.8%(40/103), 22.5%(9/40)、拡張34.9%(15/43), 13.3%(2/15)、収縮40.0%(6/15), 33.3%(2/6)、収縮群では、脱出中34.1%(15/44), 0%(0/15)、拡張33.3%(10/30), 30.0%(3/10)、収縮7.7%(1/13), 0%(0/1)であり、2群いずれも移植時の形態による妊娠率、流産率に有意差は認められなかった。

     

    【結論】

    融解直後拡張していた胚盤胞では、移植時の形態は移植成績に関連しなかったため、融解数時間後の観察は不要と考えられた。

    融解直後収縮していた胚盤胞では、移植時に収縮していた場合の移植成績に有意差はないが低い傾向にあったため、融解数時間後の形態観察により妊孕能の推測ができる可能性が示唆された。 閉じる

  • The fate of irregularly divided blastomeres: why does “Direct cleavage” reduce blastocyst development rate but not blastocyst euploid rate? (第38回ヨーロッパ生殖医学会(ESHRE))

    Shinichi Watanabe1, Kaori Yoshikai1, Mari Tomida1, Shigenori Suzuki1, Yukino Matsuda1, Shunsuke Miyai2, Eiko Nakano1, Hiroki Kurahashi2, Tomio Sawada1

     

    1 Sawada Women’s Clinic, Nagoya, Japan

    2 Institute for Comprehensive Medical Science, Fujita Health University, Toyoake, Japan

     

    Study question:

    How do the blastomeres formed by direct cleavage (dynamics of one cell dividing into three or more cells) subsequently develop?

     

    Summary answer:

    About half of the blastomeres by direct cleavage did not form blastocysts.

     

    What is known already:

    There are many reports that embryos with direct cleavage in the early development have a lower blastocyst development rate because direct cleavage produces chromosomal abnormal cells. However, when such embryos develop into blastocysts, there have been some reports that the transfer pregnancy rate and euploid rate did not decrease, but the reasons for this have not been clarified.

     

    Study design, size, duration:

    This is a retrospective study of 89 blastocysts obtained during 2013-18.These embryos were those that patients requested to be discarded and consented to be used in this study. All target embryos were time-lapse monitored by EmbryoScope (Vitrolife, Sweden), and several trophectoderms were biopsied and examined for euploidy.

     

    Participants/materials, setting, methods:

    The target embryos were classified into three groups: embryos with normal first and second cleavage (NC group), embryos with irregular division (one cell dividing into three or more cells) called direct cleavage at the first cleavage (DC1 group), and embryos with direct cleavage of one blastomere at the second cleavage (DC2 group). It was recorded whether the blastomeres of the embryos subsequently developed into blastocysts or not. NGS analysis was performed on the embryos.

     

    Main results and the role of chance:

    The target embryos were classified as 48 in the NC group, 32 in the DC1 group, and 9 in the DC2 group. Whether the blastomeres in the target embryos subsequently formed blastocysts or not was recorded one by one by time-lapse images, resulting in the blastomeres’ blastocyst formation rate was 95.1% in the NC group and 55.9% in the DC1 group, which was significantly lower in the DC1 group (P<0.01). In the DC2 group, blastomeres formed by normal division and those by direct cleavage at the second cleavage were recorded separately, and the blastocyst formation rate was 90.8% for normal cleavage blastomeres and 46.0% for direct cleavage blastomeres, with significantly lower rates for direct cleavage blastomeres (P<0.01). Therefore, about half of the blastomeres generated by direct cleavage at the first or second cleavage did not form blastocysts. The results of NGS analysis were as follows: NC group: 35.4% euploid, 45.8% aneuploid, and 18.8% mosaic; DC1 group: 37.5%, 53.1%, and 9.4%, respectively; and DC2 group: 55.6%, 33.3%, and 11.1%, respectively. There was no significant difference in any of the items, suggesting that direct cleavage does not affect the euploidy of blastocysts.

     

    Limitations, reasons for caution:

    For the purpose of NGS analysis, all the target embryos in this study were blastocysts, but if all the cultured embryos were included, arrested embryos would be included, which would probably result in more blastomeres formed by direct cleavage not developing into blastocysts.

     

    Wider implications of the findings:

    The blastomeres generated by direct cleavage were often excluded from blastocyst formation. This may be an exclusion of chromosomally abnormal cells and may be one of the reasons why direct cleavage decreases blastocyst development rate but does not decrease blastocyst euploid rate.

    閉じる

  • 初期不規則分割は胚染色体解析結果に影響するか -Direct cleavageとReverse cleavage-(第63回 日本卵子学会学術集会(シンポジウム))

    渡辺 真一

     

    胚の動態から妊孕性を推測する試みが数多く報告されているが、我々は特に不規則な初期分割動態に着目している。Direct cleavage(以下DC)と呼ばれる1細胞が3細胞以上に分割する動態が知られており、これによる染色体分配異常が懸念される。発生初期のDCは胚盤胞発生率を大きく低下させる。しかしDCを呈しても胚盤胞に到達した胚であれば移植妊娠成績への影響はないという報告は多い。我々はDCの胚盤胞正倍数性への影響を探るため、患者同意が得られた廃棄胚盤胞を用いて初期動態とNGS解析結果の関連を検討したところ、第二分割まで正常であった胚盤胞と第二分割までにDCが見られた胚盤胞の正倍数率に有意差は見られなかった(2020卵子学会)。

    ではなぜDCは胚盤胞発生率を低下させるのに胚盤胞正倍数性には影響しないのか? 原因を探るべく、我々はDCで発生した割球のその後の「運命」を見ることとした。Day2胚の割球を1個ずつ、その後胚盤胞を形成しているかを観察したところ、第二分割まで正常であった割球は88%が胚盤胞を形成したのに対し、第一分割のDCで発生した割球の胚盤胞形成率は29%であった。加えて、第二分割時に2細胞のうち1個は正常分割だが1個はDCを呈した胚について両者を区別して同様に観察したところ、正常分割割球の胚盤胞形成率71%に対してDC由来割球のそれは34%と概ね同様であり、第二分割までのDCで発生した割球の約7割は胚盤胞を形成していなかった(2020中部生殖医学会)。

    これらのことから、DCで発生した染色体異常細胞はアポトーシスや細胞接着能の欠損等により多くが胚盤胞形成から除外されており、胚盤胞到達後の正倍数性には影響がないことが推測された。実際の移植胚選択においては、DC胚は初期胚移植から除外し、胚盤胞に到達すれば通常通り移植を行うことが推奨されよう。

    初期不規則分割としてもう一つ、Reverse cleavage(以下RC)と呼ばれる一旦分割した細胞が融合する動態が知られるが、RCの胚発生や正倍数性への影響については過去の報告でも意見の一致をみていない。我々も検討を行ったところ、第二分割まで正常分割の胚に比して、第二分割までにRCが見られた胚の胚盤胞発生率と初期胚移植妊娠率は低下したが、胚盤胞移植妊娠率は低下しなかった(本学術集会一般演題にて報告予定)。また、胚盤胞正倍数率は第二分割まで正常であった胚よりRC胚が有意に高いという不可解な結果となった(2020卵子学会)。現在我々はRCについて、正常に分割した割球が融合する「真のRC」と、DCの後に起こる「見かけのRC」があると考えている。これが未だ不明瞭なRCの機序や影響を解き明かす鍵になることを期待している。 閉じる

1 / 1012345...10...最後 »

ページTOPへ

  • HOME
  • 診療時間
  • クリニックの特徴
  • 院長プロフィール
  • 不妊治療内容
  • 研究ラボ
  • Q&A
  • 患者様の声
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • リンク集
  • お問い合わせ