着床前診断の臨床研究に参加して気持ちが楽になりました
参加して気持ちが楽になりました。

不安だったことは、全ての卵が駄目だった場合のことを考えたときでした。

スタッフさんには検査の説明をしっかりして頂いたので理解でき、質問にも答えて頂け安心できました。

検査の結果が判明したとき、移植できる卵が本当に少ないんだと感じました。

2/3個は移植に適さないとの診断結果でしたが、破棄することにためらいを感じました。

全体を通して、この研究に参加してよかったと思います。

今までは分からない中で時間と体力的負担、金銭面や気持ちを使い、負担が大きかったです。

初めから着床前診断が出来る様であれば良かったと思います。

研究が進み、子どもを授かりたい人が希望を持てるようになっていってほしいです。

 
2022.03.10
<< NEWS一覧 >>

ページTOPへ

  • HOME
  • 診療時間
  • クリニックの特徴
  • 院長プロフィール
  • 不妊治療内容
  • 研究ラボ
  • Q&A
  • 患者様の声
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • リンク集
  • お問い合わせ