日本産科婦人科学会PGT-A多施設共同臨床研究への参加が承認されました
この度当院は、日本産科婦人科学会より、R1年12月26日付けにてPGT-A多施設共同臨床研究への参加が承認されました。

着床前診断とは
PGT-SR、PGT-M、PGT-Aと分類されています。
その中で、今回実施される臨床研究はPGT-A(着床前染色体異数性診断)です。
PGT-Aとは受精卵の染色体の数の異常がないかをみる検査です。
受精卵を培養し始めてから5日目または6日目になると図のような胚盤胞と呼ばれる段階まで育ってきます。
この胚盤胞の外側の細胞の一部をとって検査します。





適応基準
反復不成功:直近の胚移植で2回以上連続して臨床妊娠が成立していない
習慣流産(反復流産)直近の妊娠で臨床的流産を2回以上反復し、流産時の臨床情報が得られている
染色体構造異常:夫婦いずれかが染色体構造異常を持つ

※適応基準の詳細・費用については説明が必要ですのでご来院ください

着床前診断をご希望の方はお問合せください。

2019.12.28
<< NEWS一覧 >>

ページTOPへ

  • HOME
  • 診療時間
  • クリニックの特徴
  • 院長プロフィール
  • 不妊治療内容
  • 研究ラボ
  • Q&A
  • 患者様の声
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • リンク集
  • お問い合わせ