学会・論文発表一覧

  • 月別妊娠成立報告
  • 学会・論文発表
  • 研究活動
  • ブログ

    2020年

  • 精子因子が異数性に与える影響(第65回 日本生殖医学会)

    鈴木篤智1、吉貝香里1、加藤 武馬2、松田有希野1、冨田麻莉1、渡辺真一1、中野英子1、倉橋 浩樹2、澤田富夫1

    1)さわだウィメンズクリニック、2)藤田医科大学総合医科学研究所分子遺伝学研究部門

     

    目的

    我々は以前、精子濃度の減少と運動率の低下が正倍数胚の数を減少させる要因である可能性を示唆した(生殖医学会2019)。今回新たにデータ数を追加し、NGSで染色体解析した胚の受精時の精液所見から正倍数胚率に影響を与えているか再検討した。

     

    方法

    研究同意を得られた廃棄胚盤胞109個をNGS解析に供した。これらの胚のIVF/ICSI時精液所見について精子濃度または運動率により、正倍数率を比較検討した。精子濃度は<5×106ml(A群)、5~10.0×10⁶/ml(B群)、10.0~15.0×10⁶/ml(C群)、15.0~20×10⁶/ml(D群)20.0~30×10⁶/ml(E群)>30×10⁶/ml(F群)の6群、運動率は<20%、≦20~30%、≧40%で分類した。

    非モザイク異数性胚は、卵子側の要因による影響を考慮し、今回の検討から除外した。有意差検定はt検定とFisherの正確確立検定を用いた。

     

    結果

    解析の結果、正倍数胚71個、モザイク異数性胚38個であった。正倍数胚、モザイク異数性胚ともに夫年齢、妻年齢に有意差はなかった。精子濃度別の正倍数胚率の比較では、A、B、C、D、E、F群それぞれ50.0%、100%、46.2%、50.0%、80.8%、64.3%であり、A群とE群、C群とE群でそれぞれ有意差があった(p<0.05)。運動率別の正倍数胚率は、<20%、≦20~30%、≧40%でそれぞれ20.0%、100%、63.8%であり、<20%と比較して≦20~30%で有意に高かった。

     

    結論

    精子濃度が減少すると、正倍数胚率が低下する傾向にあることが示唆された。また、運動率が低下すると正倍数胚率の低下が認められた。さらなる検討が必要であると考えられる。 閉じる

  • 初期分割不良は胚盤胞到達後の正倍数率に影響しない(第61回 日本卵子学会)

    渡辺 真一1 吉貝 香里1 冨田 麻莉1 鈴木 篤智1 野呂 麻理子1 松田 有希野1

    宮井 俊輔2 加藤 武馬2 中野 英子1 倉橋 浩樹2 澤田 富夫1

     

    1 さわだウィメンズクリニック

    2 藤田医科大学総合医科学研究所分子遺伝学研究部門

     

    【目的】

    胚発生において初期分割は重要な動態であり、タイムラプスモニタリングにより初期分割不良が観察された胚は胚盤胞発生率が低下するとの報告は多い。しかし初期分割不良を呈した胚でも胚盤胞に到達し、その移植による妊娠・出産例も我々はしばしば経験している。今回、初期分割不良でありながら胚盤胞に到達した胚の染色体解析を行い、初期分割良好であった胚盤胞と正倍数率を比較した。

     

    【対象と方法】

    2013~2018年に採卵・培養され、患者同意の得られた廃棄胚盤胞96個を対象としてNGS染色体解析を行った。これらの初期分割動態をEmbryoScope(Vitrolife)によるタイムラプス撮影画像を用いて観察し、第一分割で2細胞、第二分割で4細胞となった胚を良好分割群に、第一分割で3細胞以上、または第二分割で5細胞以上となった胚を不良分割群に分類した。

     

    【結果】

    良好分割群は53個、不良分割群は43個であった。正倍数胚、構成型異数胚、モザイク胚の割合は良好分割群で43.4%(23), 45.3%(24), 11.3%(6), 不良分割群で41.9%(18), 46.5%(20), 11.6%(5)であり、両群の正倍数率に有意差を認めなかった(良好分割群に対する不良分割群の正倍数率のオッズ比0.94)。

     

    【結論】

    初期分割不良は胚盤胞到達後の正倍数率を低下させないことが示された。初期分割不良胚であっても胚盤胞に到達した胚は初期分割正常胚と同様に移植に用いることが可能である。 閉じる

  • 初期分割様式が初期胚移植及び胚盤胞移植の成績に及ぼす影響について (第38回 日本受精着床学会)

    冨田 麻莉 , 渡辺 真一 , 鈴木 篤智 , 松田 有希野 , 吉貝 香里 , 中野 英子 ,

    澤田 富夫

     

    【目的】

    タイムラプスモニタリングによる胚の形動態学的評価は重要である。

    特に初期分割では、1個の細胞が3個以上に分割するダイレクト分割、一旦分割した細胞が融合するリバース分割と呼ばれる分割を呈することがある。

    今回、初期胚又は胚盤胞移植を行った胚の初期分割動態を分析し、妊娠率と流産率について比較検討を行った。

     

    【対象と方法】

    2013-2019年に採卵を行い、EmbryoScope(Vitrolife)で培養を行った胚のうち、初期胚移植(1050個)と胚盤胞移植(531個)を行った胚を対象として、初期分割動態の観察を行った。

    第一分割で2細胞、第二分割で4細胞となった胚をA群、第一分割で3細胞以上になった胚をB群、第一分割で2細胞、第二分割で5細胞以上になった胚をC群、第一分割で3細胞以上となった後割球の融合が見られた胚をD群、第一分割で2細胞、第二分割で5細胞以上となった後割球の融合が見られた胚をE群に分類し、胚移植後の妊娠成績を比較した。移植は全て単一胚移植とした。

     

    【結果】

    初期胚移植の妊娠率及び流産率はA群22.4%(134/599), 27.6%(37/134)、B群5.9%(8/135),  25.0%(2/8)、C群12.7%(8/63), 50.0%(4/8)、D群19.0%(42/221), 33.3%(14/42)、E群21.9%(7/32), 71.4%(5/7)であり、A群はB群より妊娠率が有意に高かった(P<0.05)が流産率に有意差は認められなかった。

    胚盤胞移植の妊娠率及び流産率はA群32.8%(94/287), 27.7%(26/94)、B群35.8%(34/95), 26.5%(9/34)、C群38.5%(15/39), 13.3%(2/15)、D群25.0%(25/100), 24.0%(6/25)、E群30.0%(3/10), 33.3%(1/3)であり各群間に妊娠率、流産率共に有意差は認められなかった。

     

    【結論】

    初期胚移植では第一分割でダイレクト分割が見られた胚の妊娠率は低いため、初期胚移植の際優先順位を下げることが望ましい。

    胚盤胞移植では初期分割様式による移植成績の差は見られず、いずれの分割様式であっても胚盤胞に発育した胚は移植に用いることに問題はないことが示された。 閉じる

  • タイムラプスモニタリングで胚発生能と正倍数性はどこまで評価できるか(第38回 日本受精着床学会(ワークショップ))

    渡辺 真一1 吉貝 香里1 冨田 麻莉1 鈴木 篤智1 松田 有希野1

    宮井 俊輔2 加藤 武馬2 中野 英子1 倉橋 浩樹2 澤田 富夫1

     

    1 さわだウィメンズクリニック

    2 藤田医科大学総合医科学研究所分子遺伝学研究部門

     

    近年のタイムラプスモニタリングインキュベータの普及に伴い、胚の連続的観察により胚発生能および正倍数性を推測する試みが数多く行われている。第一分割時間、コンパクション時間、胚盤胞到達時間といった事象の発生時間による評価、また初期分割動態、コンパクション時細胞数、胚盤胞の収縮といった形動態学的評価が報告されており、それらによる妊孕性の評価については多くのエビデンスが得られているが、正倍数性の評価が可能かどうかはいまだ議論が続いている。

    その中で我々は初期分割動態に着目した。初期分割で1細胞が3細胞以上に分割する、いわゆる"direct cleavage"、一旦分割した細胞が融合する"reverse cleavage"といった不規則な分割を呈した胚は胚盤胞到達率が低いことが報告されているが、そうした胚が胚盤胞に到達した場合の移植妊娠率は正常な初期分割であった胚盤胞の妊娠率と同等であるとの報告も見られる。

    我々の検討では、第一あるいは第二分割で不規則な分割を呈した胚は正常初期分割胚と比較して初期胚移植妊娠率が有意に低率であった(14.4% vs 22.4%)が、そうした胚が胚盤胞に到達した場合の妊娠率は同等であり(31.5% vs 32.8%)、さらに患者同意を得た廃棄胚盤胞のNGS解析を行ったところ初期不規則分割胚の正倍数率は初期正常分割胚と比較して有意に高率となった(54.3% vs 32.1%)。すなわち、初期分割動態は初期胚移植の胚選択には有用だが、胚盤胞到達後の妊孕性・正倍数性は評価できなかった。言い換えれば、初期分割が不規則であった胚盤胞も初期分割正常胚盤胞と同様に移植に用いることが可能であると示された。

    不規則な初期分割は染色体分配異常を起こすと考えられているが、そのような胚が胚盤胞に到達する過程で異数性細胞の除外など修正機能が働いていることを示唆する報告も最近ではなされている。今回、上記のような初期分割動態による胚の評価の詳細をお伝えしたい。 閉じる

  • Irregular cleavage in early embryogenesis does not reduce the euploidy after reaching the blastocyst (第36回 ヨーロッパ生殖医学会(ESHRE))

    Shinichi Watanabe1, Kaori Yoshikai1, Mari Tomida1, Shigenori Suzuki1,
    Yukino Matsuda1, Shunsuke Miyai2, Takema Kato2, Hiroki Kurahashi2,
    Eiko Nakano1, Tomio Sawada1

    1 Sawada Women’s Clinic, Nagoya, Japan
    2 Institute for Comprehensive Medical Science, Fujita Health University, Toyoake, Japan

    Study question:
    Does euploid rate decrease when the irregular first or second cleavage embryos reach the blastocyst?

    Summary answer:
    The euploidy of the irregular first or second cleavage blastocysts was equivalent to the normal cleavage blastocysts.

    What is known already:
    There are some reports that aneuploidy is high when the irregular cleavage embryos develop into blastocysts but there are reports that the rate of transfer pregnancy and miscarriage of irregular cleavage blastocysts is equivalent to that of the normal cleavage blastocysts.

    Study design, size, duration:
    Retrospective analysis was conducted on 96 discarded blastocysts with consent from patients out of embryos collected and cultured in our clinic from 2013 to 2018. All of these embryos were time-lapse monitored by EmbryoScope (Vitrolife).

    Participants/materials, setting, methods:
    The subject embryos were biopsied with TE and NGS chromosome analysis was performed. These embryos were classified by time-lapse videos, those with 2 cells in the first cleavage and 4 cells in the second cleavage are the good cleavage groups, those with 3 or more cells in the first cleavage, or those with 5 cells or more in the second cleavage are the irregular cleavage groups.

    Main results and the role of chance:
    As a result of image analysis by time-lapse monitoring, there were 53 good cleavage groups and 43 irregular cleavage groups. The proportions of euploid embryos, aneuploid embryos and mosaic embryos were 43.4% (23), 45.3% (24) and 11.3% (6) in the good cleavage group, 41.9% (18), 46.5% (20), and 11.6% (5) in the irregular cleavage group, there was no significant difference in euploid rate between the two groups (The odds ratio of the euploid rate of the irregular cleavage group to the good cleavage group was 0.94).

    Limitations, reasons for caution:
    Because PGT-A is not approved in Japan, this study was conducted using only discarded embryos that were not used for transfer with the consent of the patient.

    Wider implications of the findings:
    This study showed that Irregular cleavage in early embryogenesis did not reduce the euploid rate after reaching the blastocyst. Irregular cleavage embryos that have reached the blastocyst need not be excluded from transfer.

    2020eshreEposter 閉じる

ページTOPへ

  • HOME
  • 診療時間
  • クリニックの特徴
  • 院長プロフィール
  • 不妊治療内容
  • 研究ラボ
  • Q&A
  • 患者様の声
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • リンク集
  • お問い合わせ